ご要望の多かった18インチ以上のタイヤ交換工賃を値下げしました! 持ち込みタイヤ交換はガレージSDへ

ドライブレコーダー取り付け

今や標準装備となりつつあるドライブレコーダー

ガレージSDでの持込取付について

ドライブレコーダーと言っても沢山の種類が存在します。

本体のみの単純な物から全方位カメラの備わった物、サイドカメラやバックカメラ、GPSユニット付やWIFI機能付き、常時録画など沢山の機能を持った物まで多種多様です。

取り付ける商品によって取付部品の点数が変わる為、工賃に変動があります。

日々沢山のお問い合わせがある為、説明したいと思います。

基本的な取り付け方

ドライブレコーダー本体の取り付け場所によって少し変わりますが、配線をなるべく隠しすっきりとした取り付けをいたします。

電源はシガーソケット裏かヒューズボックス、オプションカプラなどから取り出します。

近年製造のお車は電源をコンピューターでモニターしている車種も多く、変な所から電源を取るとコンピューターでエラーと認識してエラーコードが出てしまう場合があるので注意が必要です。

エアバッグの作動に邪魔にならないように

エアバッグ装着車はエアバッグ作動の邪魔にならないように十分注意して通線します。

汚く配線が見えてしまうような取り付けはいたしません、取り付け方に関してはご安心ください。

ドライブレコーダー本体の電源

ドライブレコーダー本体に付属の電源はシガーソケット電源がほとんどです。
電源配線が別に付いてくる親切な機種もありますが、滅多に付属してきません。

ガレージSDでは付属のシガーソケット電源を加工して取り付けか、シガーソケットアダプターを利用して取り付けいたします。

シガーソケットアダプターの在庫は豊富にあります、ご安心ください。

カメラの個数

カメラの個数や取り付ける場所によって、工賃に変動があります。

最近のスタンダードは、前方カメラと後方カメラのカメラが2つ備わったタイプですね。
これにも何種類かあり、ミラータイプのものやフロントガラスに張り付けるタイプがあります。

工賃の目安
  • 1カメラタイプ 8800円~
  • 2カメラタイプ 後方カメラ室内 16500円~ 後方カメラ室外 24200円~
  • 3カメラタイプ 2カメラ以降 1カメラごとプラス 11000円

後方カメラのタイプによって室内に取り付けるか、室外に取り付けるかが決まります。

上下反転出来ないタイプの後方カメラだと室外に取り付けになってしまう場合が多いです。
商品選びの際、参考にしましょう。

カメラ用ステーを在庫するようになりましたので、反転出来ない場合にも対応できます。

ドライブレコーダー本体の機能

ドライブレコーダー本体の様々な機能によって取り付け方が変わります。

よくある機能だと、駐車時監視システム機能です。これは常時電源にもコードを繋げないといけない為少し作業内容が変わり時間がかかります。バッテリー内蔵型ドライブレコーダーの場合は常時電源に繋ぐ必要はありません。

常時電源がヒューズボックスに来ている車種であれば簡単な作業なのですが、バッテリーから直接取らないといけない場合やドライブレコーダー本体と電源確保場所が遠いと作業時間が余分にかかります。

他にもバック補助ガイドラインやバック時に映像が切り替わるものがあります。

工賃を抑えたい場合は、機能を省いた取り付け方もできるので、取り付け時に相談してください。

オプション等による追加工賃
  • GPSユニット プラス1100円
  • バック補助付き(舵角センサー付) プラス1100円~3300円
  • 常時電源が必要な機種 プラス1100円~ 電源確保の場所で変わります
  • 駐車監視アダプター プラス3300円~
  • 配線を隠蔽する為のコルゲートチューブやコードレールを使用する 20cmまで 550円

車種での違い

こちらも工賃が変わります。理由としては輸入車やレクサスなどは分解整備書などが出回っておらず、メーカーも教えたがらないので、作業時間が国産車などに比べると大幅にかかる為、工賃が高くなってしまいます。

他にもオープンカーや大きいミニバン、リアゲートのガラスが開閉可能なタイプ、ワンボックスなど配線の長さ、取り回しに影響を受けるお車は別途工賃がかかります。

ドライブレコーダー取付自動見積もり

下記より概算ですが自動見積もりができます

お問い合わせ