ご要望の多かった18インチ以上のタイヤ交換工賃を値下げしました! 持ち込みタイヤ交換はガレージSDへ

パサート・ヴァリアント 直送にてマフラー修理を実施!

気温も下がり換気が十分にされない環境もあり、感染の拡大が懸念されます。

各地で感染者は増えており、茨城では一日の感染者数は過去最多を更新しました。

イベントの規制緩和、GoToキャンペーンの期間延長などは行われていますが、クラスターの発生も各地で起こっており楽観視できる状況ではありません・・・

第三波の真っただ中と言えます。

悲観的な情報ばかりが目立ちますが、回復して退院している人も多いですし、ワクチン開発も進んではいるので希望が無いわけではありません。

ほとんどの業種が通常通りの営業形態に戻っていましたが、地域によっては再び休業を選択したり、時短営業の再開を行っているお店もあるため緊急事態宣言下と同様の状態に戻る可能性も十分あります。

当店は今後も通常営業を続けていく方針ですが、通常営業を続ける為にも改めてみなさんにお願いがあります。

1:体調不良や熱がある方は来店を自粛してください。体調が悪い場合は大事をとって日程を変更して、回復次第ご来店いただけると幸いです。この場合、体調の回復の方が急務です。

2:ご来店の際はなるべくお一人で、家族や友人を連れ立ってのご来店はご遠慮ください。時間制の予約で不特定多数の方が来店されますので、同伴者を守る意味でも配慮を願います。特に弊社は県外からお越しいただくお客様も多いので、そうしたリスクを排除したいのです。

3:なるべくマスクは着用ください。当店スタッフも接客時は可能な限りマスク着用を心掛けております。もし自分が保菌者だった場合、人にうつさないためにマスクをするという意味でお使いください。

当店でも待合室の清掃・除菌を行っていますが、自衛を怠らないよう心がけましょう。

とり越し苦労で済めば御の字ですが、危機感を持って“もしも”を想定して行動してください。 皆さんの努力を積み重ねる事で完全な終息も見えてくるはずです。

今後とも、より一層の協力をお願いします。

今回はVWパサートヴァリアントのマフラー交換をご紹介!

触媒の劣化によりマフラーから異音祭り・・・

触媒付きなので新品を買うと数十万・・・orz

更にエンジンチェックランプ点灯・・・

診断機でコードを確認してみると・・・

故障コードから診ていくと、O2センサーの故障も考えられます。

通常はここからO2センサー系統の点検を進めて、診断を行いますが・・・

今回はお客様が用意された直送マフラーを使います!

中古部品ですが、動作確認済みのマフラーとセットでO2センサーが付属してきていますので、合わせて交換します。

ちなみにO2センサーは各バンクに2個づつ、計4個、触媒の前後に1個づつ使っています。

フロント側のコネクターはエンジンルーム内。リア側は下側のミッション付近にありますのでマフラーの取り外しの際は先に外しておきましょう!

マフラー交換だからたいして大変ではないでしょうとお思いの方、取り外しにかかるといってもAWDのモデルなので一筋縄では行きません・・・

スペースは狭く、使える工具は限られます(;^ω^)

ちょっと大変ですが無事に摘出完了!

交換後は故障コードの入力も無く良好デス!

持ち込み、直送での修理のご相談はガレージSDまで!

作業をお願いしよう!

お問い合わせをしてみる

タイヤ交換をお願いする

タイトルとURLをコピーしました