ご要望の多かった18インチ以上のタイヤ交換工賃を値下げしました! 持ち込みタイヤ交換はガレージSDへ

マークⅡ タービンブローでレッカー入庫!

新型コロナの感染力は強くまだ終息が見えない状態です。

新規感染者は極端に増える事は減ってきていますが、都内は高い水準で推移しており・・・地域ごとに増減はもあり引き続き注視し続ける必要はあります。

全国での感染者が減少傾向の為、イベントの規制緩和も行われるようですがクラスターの発生も各地で起こっており楽観視できる状況ではありません・・・

第二波の真っただ中と言えます。

悲観的な情報ばかりが目立ちますが、回復して退院している人も多いですし、ワクチン開発も進んではいる様なので希望が無いわけではありません。

現状ではほとんどの業種が通常通りの営業形態に戻っていますが、緊急事態宣言下と同様の状態に戻る可能性も十分あります。

当店は今後も通常営業を続けていく方針ですが、通常営業を続ける為にも改めてみなさんにお願いがあります。

1:体調不良や熱がある方は来店を自粛してください。体調が悪い場合は大事をとって日程を変更して、回復次第ご来店いただけると幸いです。この場合、体調の回復の方が急務です。

2:ご来店の際はなるべくお一人で、家族や友人を連れ立ってのご来店はご遠慮ください。時間制の予約で不特定多数の方が来店されますので、同伴者を守る意味でも配慮を願います。特に弊社は県外からお越しいただくお客様も多いので、そうしたリスクを排除したいのです。

3:なるべくマスクは着用ください。当店スタッフも接客時は可能な限りマスク着用を心掛けております。もし自分が保菌者だった場合、人にうつさないためにマスクをするという意味でお使いください。

マスクの着用についても十分な水分・塩分の補給、熱中症対策を行った上でご使用ください。

当店でも待合室の清掃・除菌を行っていますが、自衛を怠らないよう心がけましょう。

とり越し苦労で済めば御の字ですが、危機感を持って“もしも”を想定して行動してください。 皆さんの努力を積み重ねる事で完全な終息も見えてくるはずです。

今後もより一層のご協力をお願いします。

今回はタービンブローした90マークⅡの修理をご紹介

白煙がスゴイ事になっていたらしく、レッカーにてご入庫となりましたが・・・

点検を進めるとブーストもかからない様で、タービンに問題ありと診断。

リビルト部品にて修理を進める事となりました。

いざ外してみると・・・

ひひっ・・・かたちゅむり・・・

軸ガッタガタ(;´∀`)

タービンブレードも欠けているのでブーストがかからないのも頷けます・・・

交換は必須ですね

リビルト品にてタービンを2つ交換する運びとなりましたがここで再び問題が(;´・ω・)

オイルラインの金属ホースにクラックがあり、リターンホースも変質してカッチカチ・・・

どちらも製品廃盤で入手不可となると・・・作るしかないですねぇw

社外のステンレスホースキットも検討したんですがツインターボ用がないので、一部を生かしたままステンレスのホースへ変換できるようにします

溶接でアダプターを取り付け、漏れが無いか確認!

耐油のホースを計測し必要分切って用意したら組み込んで行きます

その間に、ガスケットなどを交換しリビルトタービンを用意。

準備ができたらエンジンへ組み込んで行きます。

取り付ける際に配管やホースを取り付け、取り回しを調整

修理後は漏れも無く問題ないですね!

色々と苦労はありましたが無事に作業完了です!

ちょっと困った整備や修理のご相談もガレージSDまで!

作業をお願いしよう!

お問い合わせをしてみる

タイヤ交換をお願いする

タイトルとURLをコピーしました