クラウン エンジン不調点検

今回はエンジンの始動不良でレッカーした18クラウンの点検をご紹介!

セルは回れど始動せず・・・

エンジンがかかる時もあるのですが、アイドリングは不安定・・・

燃料と火は問題なさそう・・・

そうなると吸気か・・・?

診断機を繋いで故障コードを確認するとスロットル関連がいくつか入っているので・・・

汚れもひどいので試しに清掃してみましたがてんでダメ!

単体点検を行ってみると・・・
どうやらスロットルボディ本体の不良のようですね(;´Д`)

電子制御スロットル装着車はアイドリングからエンジンの制御に関わっているのでこうしたトラブルに陥りがちです(;´・ω・)

リビルトのスロットルボディへ交換することで症状は改善され、エンジン始動もスムーズになり、アイドリングもピタッと安定しました!

整備や修理のご相談もガレージSDまで!

未分類 , , , , , , ,

トラクターのタイヤ交換

今回のご依頼はトラクターのタイヤ交換なのですが・・・

タイヤの状態が酷い・・・!

タイヤそのものも問題ありですが、ホイールの腐食が・・・

チューブが切れるのではないかという不安もありましたが、錆を清掃しいつも通り組み込んでエア漏れを点検すると案外大丈夫(笑)

ご覧の通りエア漏れなしでした(;´・ω・)
ただ、腐食している事には変わりないので注意が必要です・・・

農機のタイヤ交換もガレージSDまで!

未分類 , , , ,

トムが何度も言っていますが・・・

トム:やぁ!久しぶりだね!こうして皆と話すのはいつぶりかな?

今回はベルトの状態が悪い車があまりにも多いから警鐘を鳴らしに来たんだ!

以前にも紹介したがこの状態のベルトは非常に危険なんだ!

エンジン始動時や冷間時にエンジンからキュルキュルという音が聞こえてくるならそれは交換のサインだよ!

そもそもファンベルトとは何ぞや?という人も多いと思うが・・・

昔はエンジンを冷やすファンを回していたのでファンベルトという呼び方をしていたが、今はほとんどが電動の冷却ファンになっておりそう呼ばれる事も少なくなってきたんだ。

今はオルタネーターベルト、パワーステアリングベルト、クーラーベルトと言う呼び方が一般的だね。
一般的には上記それぞれにベルトがかかっているか1本が複数の補機を回している場合もあるし、1本で全ての補機を回しているものもあるので、それだけでもどれだけ重要な物かわかるはずだ!

切れてしまってはその補機が動かないだけではなく、切れたことにより、ベルトの切れ端が他のベルトを脱線させてしまう事もあるので安心は出来ない!
そうした二次被害の可能性もあるので、本当に注意しなければならないんだよ!

これなんかいつ切れてもおかしくないのがわかるだろう?

最近は電動のパワーステアリングが増えているから、走行中にパワーステアリングのベルトが切れて、ハンドルがあり得ないくらい重くなるようなトラブルも多くはないと思うが・・・
もし曲がろうとした時にそんな事になったら・・・
もしオルタネーターのベルトが切れたら最悪はエンジンが止まり、かからなくなる事だって・・・

そんな事になったら何が起きたかわからずぶつかってしまう可能性だってあるんだ!

こうして取り上げた内容でみれば、車にとってベルトが欠かせない存在なのが良く分かったと思う。

エアコンが効かない、ハンドルが重い、バッテリーが充電されないなどのトラブルに直結するから、ひび割れなどが無くても3~5年では必ず交換した方が安心して乗る事が出来ると思うよ!

自分の身も人の身も守るためにしっかり交換しよう!
何かの作業のついででもいいんだ、点検するからぜひトムに相談してくれ!

未分類 , , , , ,

チェイサー フロントフェンダー ツメ切り加工

今回はチェイサーのツメ切り加工をご紹介!

ツメ折は既にされているのですが、少し甘いようなので・・・

切り落として防錆しました(`・ω・´)

どうやら快適になったようなので何よりです♪

こうした加工もご相談ください(‘ω’)ノ
お問い合わせはガレージSDまで!

未分類 , , , ,